帰りたくなる場所が、ここにある。”古民家ゲストハウス”で心も体も癒されて

original-9c26f8929938284c9284ea9e3a1bf7dd2954c24c

帰る場所があるって、素敵なこと。

出典: blog.livedoor.jp

”帰省”のような感覚で、
帰りたくなる場所があったら、どんなに素敵なことでしょう。

学校や仕事や、向き合わなくちゃいけないことは一旦置いておいて心も体も癒されるような場所が
日本にはたくさんあります。

中でもおすすめしたいのが古民家ゲストハウス。
宿主さんたちは、あなたの”第二の家”になろうと
温かく迎えてくれます。

この週末、古民家ゲストハウスに出かけてみませんか?

♡古民家ゲストハウス梢之雪

あなたの”第二の家”に…

出典: kominkasaisei.net

田舎暮らしをしたことがない人にとって、
”帰る場所”があるってすごく不思議で
憧れる感覚です。

それを叶えてくれるのがこのゲストハウス梢之雪。
「第二の家」となってあなたのことを迎えてくれます。

梢乃雪は一切あなたにサービスをいたしません。
この家では「お客様」は存在しないからです。
あなたはこの家を「第二の家」だと思ってください。

“田舎にはあなたの帰る家がある。”

梢乃雪は、あなたのそんな家でありたいと思っています。

出典: kominkasaisei.net

何にもない、が魅力。

出典: kominkasaisei.net

長野県の山間部にあるこのゲストハウスは、
なーんにもない、が魅力なんです。

だから日頃のことを全て忘れて一日中ごろごろするもよし、宿主さんたちと一緒に畑仕事をするもよし。

田舎ならではの自然にたっぷり触れ合えるのが
”なにもない”からこその魅力なんです。

新たな出会いに…

出典: kominkasaisei.net

ここでは、夕食から就寝までずーっと宴会。
普段なら決して関わらないような異世代・異業種・異国間の交流ができるのも魅力です。

新たな出会いで、新たな発見が必ずあるはず。

地域のお祭りに参加して

出典: kominkasaisei.net

8月の最終土日には、中谷大宮諏訪神社例大祭が行われます。
地域のお祭りを見学しにくのも
なんだか童心に帰った気持ちになって
ワクワクするものです。

この地域に根付く、伝統的なお祭りに合わせて
出かけるのもおすすめです。

出典: tomarina.com

【古民家ゲストハウス梢之雪】

◇〒399-9511
長野県北安曇郡小谷村中土12965-1
◇080-8019-4478(0261-85-1777)
◇1泊4600円、3泊~4100円、7泊~3600円(全て食材費込み)

♡亀時間

鎌倉でみつけた、ゆっくりとした時間

出典: www.footprints-note.com

鎌倉駅から徒歩20分、築90年近い建物。
一人の大工さんが、一年半かけて大事に築き上げたおうちなんです。

写真は共有ラウンジ。
床が茶色のタイルになっていて、
このゲストハウスのレトロでお洒落な雰囲気が
伝わるのではないでしょうか。

こころの充電に。

出典: www.footprints-note.com

宿の名前「亀時間」は、
ミヒャエルエンデの「モモ」に登場する亀をイメージ。

失われた時間を取り返しに行く物語から、
訪れた人たちが、ゆっくりと時間を取り戻して
充電できるように、という願いが込められているんです。

週末限定のカフェで、心もお腹も満たされて

出典: kamejikan.com

週末にはランチタイム限定でカフェも開いているんです。
鎌倉を中心に地元でとれた食材で
愛情込めて作られる料理。
こころもお腹も満たされること間違いなしです!

また、+500円で朝食をつけることも。
おいしい手作りパンに日替わりサラダをいただくことができますよ。

出典: www.footprints-note.com

【亀時間】

◇〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座3-17-21
◇0467-25-1166
◇2人部屋:一泊9,000円(部屋代)
 4人部屋:一泊16,000円(部屋代)

♡東京ゲストハウスtoco

東京にもあったんだ、こんなところ

出典: www.papersky.jp

都会の喧騒からはまるで想像もつかないような、
「和」の空間があります。

東京の古民家ゲストハウスtoco.、です。

なんといってもこの日本庭園が魅力。
訪れるだけでなんだか心が落ち着きます。

日本家屋と日本庭園の居心地の良さ

出典: sherlock.xsrv.jp

お宿の廊下から見えるのが日本庭園。
どこかの高級料亭のような景色が
外には広がっているのです。

外国からのゲストのみならず、
週末には喧騒から逃れてくる都内のゲストも多いよう。

ドミトリーさえも風情が

出典: backpackersjapan.co.jp

外国からのバックパッカーたちにも人気の
こちらのゲストハウスは、
ドミトリーでさらりと眠ることでさえ
日本の風情が感じられるのがうれしいところ。

窓から優しく入り込む光に、心が和むこと間違いなしです。

出典: backpackersjapan.co.jp

【東京の古民家ゲストハウスtoco.】

◇〒110-0004 東京都台東区下谷2-13-21
◇03-6458-1686
◇ドミトリー:2,800~3,200円

また帰ってくるね。

出典: blog.livedoor.jp

また絶対、戻ってきます。

そんな風に思わせてくれる素敵な場所があります。
ぜひ、あなたの「帰りたくなる場所」を見つけてくださいね。

Related post

Comment are closed.

話題の記事

  1. DSC_1662-e1427950254339-dd33799bc85ac814663d2d4cc4e12086d67bf3e0

    2015-3-30

    東京のおしゃれな街、吉祥寺のすてきカフェとかわいい雑貨屋さんめぐり

    東京のおしә…
  2. DSC_1665-e1427862907197-2ac8e310ce6709dd0f33bc2017b2ccf79dd8968a

    2015-3-25

    本格的なネパールカレーと、居心地の良いおしゃれな空間 Sajilo Cafe(サジロカフェ)

    吉祥寺をぶӚ…
  3. DSC_0852-e1427352214599-3ad70b28066d9527ac2711e57f6a9220e8a66ffb

    2015-3-20

    まるで絵本の中のようなかわいいカフェ HATTIFNAT(ハティフナット)~吉祥寺のおうち~

    雑貨屋さんӛ…
Return Top