にんにくのしょうゆ漬けで作る鶏のから揚げのつくり方

0b56fb95-c74a-4543-a397-9c881f346a34-ed271f6f795a01e2413ddd03e65cc0f815ef9a6d

【動画】人気料理家のレシピ集の中から基本となる「にんにくのしょうゆ漬け」と、それを使った「鶏のから揚げ」を動画でご紹介します!シンプルだけどとても役にたつレシピなんです!

とても大切にしている調味料!

人気料理家の飛田和緒さんのロングセラーのレシピ集『私の保存食手帖』の新版から、基本となる「にんにくのしょうゆ漬け」と、それを使った「鶏のから揚げ」をご紹介します。

「にんにくのしょうゆ漬け」は、もともと飛田さんの旦那さんのお母さんから教わったもの。今ではこれがないと料理が始まらないというくらい、とても大切にしている調味料だそうです。にんにくをしょうゆに漬け込むだけというシンプルなものですが、飛田さんはなくなったら上から足し続けて、ずっと使っているのだそうです。もし気になる時は、1瓶ずつ使い切ってつくり直してみてください。

にんにくのしょうゆ漬けの材料

・にんにく 適量
・しょうゆ 適量

つくり方

1. にんにくは皮をむいて、根元の硬い部分を切り落とす。芽が出ていれば半分に割って取り除く。

2. 煮沸消毒した保存ビンに入れ、かぶるくらいまでしょうゆを注ぐ。

「にんにくのしょうゆ漬け」で鶏のから揚げの材料

・鶏もも(または手羽先) 400g
・にんにくじょうゆ 大さじ2~3
・片栗粉 適量
・レモン 適量
・サラダ油 適量

つくり方

1. 鶏ももを一口大に切り、にんにくじょうゆ大さじ2~3に約20分漬け込む。

2. ペーパータオルで汁気をふいてから、片栗粉適量をまぶしてはたき、 170℃(中温)の揚げ油でこんがり揚げる。

3. 皿に盛って、くし形に切ったレモンを添える。

飛田和緒(ひだ・かずお)プロフィール

料理家。雑誌、書籍、テレビなどで活躍中。生まれ育った東京の味、高校3年間を過ごした長野の味、現在自身が暮らす湘南の味、その土地ごとの味と素直に向き合いながら、日々の食卓で楽しめる家庭料理や保存食をつくり続けている。その味には定評があり、ファンからの支持が厚い。料理レシピ本大賞2014受賞の『常備菜』(主婦と生活社)など著書多数

「[新版]私の保存食手帖」(扶桑社)
http://www.fusosha.co.jp/special/eb2016/

本書は、9年前に発売したロングセラーのレシピ集 『私の保存食手帖』に、つくり方の変更点や新しい保存食のレシピ、アレンジ料理を加え、リニューアルをした[新版]です。問い合わせの多かった天候に左右される手順へのアドバイスや、著者自身がつくり続けたなかでうまれた変更点など、よりつくりやすいレシピに更新するとともに、新たな保存食のレシピや、アレンジ料理を追加しました。

春はいちごやらっきょう、夏は梅やしょうが、秋はきのこや干し柿、冬は大根にみそ、など、季節ごとに旬の食材をつかった49種類の保存食と、それぞれのアレンジ料理を掲載しています。毎年、できあがりが変化する保存食はまさに「育てる」という感覚。著者が育て続けている愛着ある味を、読者にもご自身の味に育てながら保存食つくりを楽しんで欲しい、そんな思いがこもった一冊です。

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

Related post

Comment are closed.

話題の記事

  1. DSC_1662-e1427950254339-dd33799bc85ac814663d2d4cc4e12086d67bf3e0

    2015-3-30

    東京のおしゃれな街、吉祥寺のすてきカフェとかわいい雑貨屋さんめぐり

    東京のおしә…
  2. DSC_1665-e1427862907197-2ac8e310ce6709dd0f33bc2017b2ccf79dd8968a

    2015-3-25

    本格的なネパールカレーと、居心地の良いおしゃれな空間 Sajilo Cafe(サジロカフェ)

    吉祥寺をぶӚ…
  3. DSC_0852-e1427352214599-3ad70b28066d9527ac2711e57f6a9220e8a66ffb

    2015-3-20

    まるで絵本の中のようなかわいいカフェ HATTIFNAT(ハティフナット)~吉祥寺のおうち~

    雑貨屋さんӛ…
Return Top